第1回 選手と指導者のための「タグラグビーシンポジウム」

テーマ●選手と指導者のための「タグラグビーシンポジウム」
日 時●2017年8月12日(土)開演18時45分(終演21時15分)
会 場●南大沢文化会館交流ホール(京王線南大沢駅より徒歩2分)
http://www.hachiojibunka.or.jp/minami/minami_parking.php
※当日17時~18時30分までは東日本交流大会に参加した子どもたちによるアフターマッチファンクションを開催。
参加費●2800円(中学生以下無料、食事・ドリンク込み)
定 員●80名
対 象●タグラグビーの指導者、教員、保護者、ラグビー関係者(一般の方も申込可)

【当日のプログラム(予定)】
◎基調講演 七国スピリッツコーチ亀田慎也氏
◎研究発表、総括講演(登壇者、演目等は未定)
〈スキル、コンディショニングのトレーニング講義〉
〈ケガをしない体づくりと練習法〉
〈選手を支える食生活と勝負メシ!〉
◎パネルディスカッション
~2019年ラグビーW杯、2020年東京オリンピックにむけたタグラグビー界の取り組み~

※参加費にはお食事、ドリンク(ノンアルコール)が含まれます。
※チケットは前売りのみ。当日券のご用意はありませんのでご注意ください。
※チケットの発送はありません。当日、受付でお名前を確認させていただきます。
※領収証が必要な方は備考欄にその旨をご記入ください。当日受付の際にお渡しします。
※シンポジウムと同時開催の「第6回タグラグビー東日本交流大会」への参加申込も受付中です。詳細はこちら↓のリンクでご確認ください。
https://eastjapantagrugby.wixsite.com/tagrugbyeastjapan


【主催者からのメッセージ】
個人スキルやチームスキルのコーチングおいて、選手たちに意図がうまく伝わらない、タグラグビーの指導に不安がある――。タグラグビーの指導者ならだれもが経験することでしょう。本シンポジウムは、講演や交流を通して、タグラグビーの指導者(教員、保護者)が、子どもたちに安全で楽しくタグラグビーの指導ができるように、チームづくりやスキルトレーニングの方法について理解を深める場です。

プログラムは大きく3つのセッションに分かれています。ひとつは、「指導者のためのチーム戦術と戦略」。チームづくりの方針や試合での戦術など、実績と経験豊富な全国大会優勝チームからタグラグビーの本質を学びます。もうひとつは、「ケガをしない体づくり」。日ごろから、ケガをしない体づくりとその意識付けを行うことで、ケガのリスクを大幅に下げることができます。トップリーグチームのS&Cコーチを招いての講義(予定)ではケガをしない体づくりやケガを防ぐための練習方法を学びます。シンポジウムのしめくくりは登壇者によるパネルディスカッションです。2019年ラグビーW杯や2020年東京オリンピックにむけたタグラグビー界の取り組みについて登壇者が語り合います。

このシンポジウムを通して、すでに指導者として活躍されている方だけでなく、これから指導者を目指す方にとっても有意義な発見や再確認ができることでしょう。このように数多くの、全国レベルのタグラグビー関係者が一堂に会し、互いに学びあう機会は、今回が初めてとなります。日本で初開催となる「タグラグビーシンポジウム」にどうぞご期待ください。

¥ 2,800

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • チケット購入

    ※チケットの発送はありません。

    全国一律 0円

※1,900円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。