『森にいこうよ!』

C・W・ニコル 著

里山は人々の生活に大きな関わりをもつ、重要な存在です。山菜、キノコなどの食料を供給し、木材資源などを生産します。雨水をたくわえ、それにより災害から人々を守ります。 ところが現在、里山は全国的にピンチに立たされているのです。里山の森を手入れする人がとても少なくなったからです。山や森が8割を占める長野県から、その里山を守ろうとするメッセージが出されました。次世代を担う子どもたちのために、美しい自然を残してあげようというものです。まずは里山の森の楽しさを伝えようと、C・W・ニコル氏のアファンの森の、動物と人間の愉快なドラマを絵本にしました。松岡達英氏のすばらしい絵に、田中康夫氏(元長野県知事)のメッセージもあります。(小学館)

¥ 1,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 商品購入

    商品は決済が完了してからおよそ10日以内に発送いたします。

    全国一律 250円

※1,900円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。